外観

概要

1999年1月のJR北海道バス帯広営業所撤退に伴い、1998年に381-384,390の5台がJR北海道バスから移籍しました。

390のみ2007年に早世してしまいましたが他4台はJR時代より長く活躍しています。2016年に381が離脱したことでこのグループは全車引退しました。

なお、JR北海道バスの車両は拓殖バスにも譲渡されたので、拓殖バスにも同型車が在籍しています。

詳細

登録番号 車番帯広22 う ・383
所属社局 営業所十勝バス 本社
シャーシメーカー シャーシ型式日野自動車 P-HU236BA
コーチビルダー 車名日野車体工業 ブルーリボン
製造年 登録年 登録抹消年1988 1998 2015.9
塗装黄色←グラデーション
特記事項元JR北海道バス(537-7964・帯広22う103)

その他

各部写真


2014.2/6 帯広駅
末期は手すりの増設やドライブレコーダーの設置など、時代に応じたアップデートがなされていました。

 
2011.5/27 帯広駅
しばらくして方向幕をLEDに換装しています。


2009.6/3 帯広駅
車体更生によって黄色一色に塗られました。その後すぐにOCTVの広告ラッピングが施工されています。


画像提供:N様