概要

拓殖バスは、帯広市の北隣河東郡音更町に本社を置くバス事業者です。
十勝管内北西部で路線バスを運行しているほか、帯広から札幌・旭川・釧路空港への都市間バス(長距離路線バス)や、北海道内各地へ貸切バスも運行しています。

かつて国鉄根室本線新得駅から分岐し鹿追経由にて国鉄士幌線上士幌駅までを結んでいた私鉄・北海道拓殖鉄道のバス部門がルーツとなります。

歴史

バス事業は拓殖鉄道の系列である北海道拓殖自動車合資会社が行っていたものの、1944年の戦時統合で十勝管内のバス事業者が統合されたことで帯広乗合自動車(現十勝バス)となりました。
戦後1952年に帯広乗合から拓殖鉄道へ一部バス事業を譲渡、1961年に北海道拓殖バス株式会社として独立しています。

1987年の国鉄士幌線廃止に伴い、代替バスの運行を始めました。

1999年にはJRバスが帯広から撤退し、一部路線を引き継いで運行しています。

拓殖バス年表

路線バス

主に帯広市・音更町・士幌町・上士幌町・鹿追町・新得町(また清水町・芽室町も一部含む)をエリアとしています。
また音更町・新得町・清水町のコミュニティバス運行を受託しています。

かつて拓殖鉄道が国鉄池北線(後のふるさと銀河線)足寄駅までの延伸構想を持っており、先行して上士幌から足寄までのバス路線がありましたが05年に廃止。足寄町からは撤退しています。

運賃支払いは基本的に現金・回数券・きっぷ(帯広駅バスターミナル・各地方窓口で発売)のみの対応で、交通系ICカードは利用できません。
2020年には全国初導入となるQRコード決済対応の新型運賃箱を一般路線バス全車で導入しており、「paypay」を始めとした複数のQR決済が利用できます。

都市間バス

1989年、札幌帯広間の帰省バスを北海道中央バス・JR北海道バス・北都交通・十勝バスとの5社共同で運行。翌年より「ポテトライナー」として通年運行化しています。

同じく1989年には帯広旭川間の「ノースライナー」を道北バスと運行開始。

また1993年から北見バスと期間限定で北見帯広線、1995年には三国峠経由の「ノースライナーみくに号」を運行開始するも、北見帯広線は2005年、ノースライナーみくに号からは2010年に撤退。

2018年には、釧路空港へのLCC(Peach)就航に合わせて久しぶりの新規路線「スイーツライナー」を運行開始しています。

2020年現在ではポテトライナーとノースライナー(狩勝峠経由)、スイーツライナーの3系統を運行しています。

貸切バス

1961年の設立当初から貸切バス事業も行っており、十勝管内はもとより道内各地で活躍する姿が見られます。
1970年に発足した北海道観光バス手配センター(現ひがし北海道観光バス手配センター)に当初から加盟。一時期"BUS CENTER"カラーの車両が貸切バスの大半を占めていたこともありました。

1978年頃から夏季限定で札幌圏に事業区域を拡張。1993年頃には期間の限定が解除されています。
2018年には千歳営業所を移転(千歳市内)しています。

営業区域は帯広・釧路・北見・札幌の各陸運支局管内でしたが、貸切バス評価認定制度(セーフティバス)の認定を受け実質的に北海道内全域が営業区域となっています。