1996年に拓殖バスが札幌線ポテトライナーへ導入したエアロクィーン。
その後の新車導入により旭川線ノースライナーや帯広空港連絡バス等にも用いられていましたが、2015年12月に運用離脱しています。

帯広22う340

ふそうKC-MS822P/エアロクィーンⅠ 1996年式
 
2010.5 帯広駅バスターミナル
現在拓殖バスの都市間車両はハイデッカー3列シート・床下トイレが主流ですが、この頃の仕様はスーパーハイデッカー4列シート・後部トイレでした。