拓殖バス・1988年式P-HU236BA


1998年に、JR北海道バスより2台(316・317)が移籍し、その後JR北海道バスの帯広地区撤退に伴いさらに5台(385、386、387、388、389)が転入しました。
三菱車のみを導入していた拓殖バスに、初めて導入された日野車です。
386・387が一足早く2006年に運用離脱、2009年に316・317が、2010年には388、2011年に389とじわじわ数を減らし、2012年の385運用離脱でこのグループは全廃となっています。
なお、JR北海道バスの車両は十勝バスにも譲渡されたので、十勝バスにも同型車が在籍しています。

帯広22う316

元車番:537-7977

2009.6/2 緑ヶ丘
バスの写真を撮り始めた頃に廃車になってしまったので、こんな写真しかありません……

帯広22う317

元車番:537-7976

2009.8/18 帯広駅バスターミナル
317も満足に撮れないまま廃車となってしまいました……

帯広22う385

元車番:537-7973
 
2011.5/27 帯広駅バスターミナル
車体上半分の黒塗装が省略されています。

帯広22う388

元車番:537-7978

2009.10/21 帯広駅バスターミナル
KC-規制車の中古導入に伴い廃車された模様です。

帯広22う389

元車番:537-7979
 
2011.2/23 帯広駅バスターミナル
389も385と同様、車体上半分の黒塗装が省略されていました。


トップへ戻る