2008年、拓殖バスがポテトライナーへ導入した94年式のエアロクィーン・ハイウェイライナー。元は網走バスでドリーミントオホーツク号に用いられていたもので、フットレスト・レッグレスト完備の独立3列シートを搭載し仮眠室まで備えていた夜行バス仕様の車両です。
当初は札幌線ポテトライナーに用いられていましたが、その後の新車導入により帯広空港連絡バス等にも用いられています。
2015年10月に運用離脱しています。

帯広200か115

ふそうU-MS821P/エアロクィーンⅠ 1994年式
 
2010.8 帯広駅バスターミナル
拓殖バスの都市間車両初の独立3列シート車となりました。